スプライススリーブ工法 すぷらいすすりーぶこうほう 建築用語集 す| 株式会社 渡辺 | 先人の想いを先進の技術で切り開く |  
用語集建築用語集>スプライススリーブ工法

建築用語集


スプライススリーブ工法 / すぷらいすすりーぶこうほう建築用語集 す


項目 スプライススリーブ工法 / すぷらいすすりーぶこうほう
英語 -
意味 プレキャスト鉄筋コンクリート(PC)部材の接合方法の一種。円筒状の鋳鉄製スリーブに, PC部材相互の異形鉄筋を突き合わせて挿入し,このスリーブ内にセメント系の無収縮性の高強度グラウト材を充てんして,異形鉄筋相互を一体化する方法。D16〜D51までの鉄筋が適用でき,無溶接工法である点が大きな特徴。正式には「NMBスプライススリーブシステム」という。日本建築センター構造評定:BCJ・C1118他。〔開発:日本スプライススリーブ〕


建築用語集 五十音順